サルでもわかる「東山一万歩コース」。もう、迷わない!

東山一万歩コースは、愛知県名古屋市千種区にある全長およそ6.2kmの自然散策路。森と舗装路が同じくらいの割合で、アップダウンはゆるめ。近くには「東山動植物園」もあって、賑わっているエリアです。

市営地下鉄東山線「東山公園駅」下車スグの場所にあり、多くのハイカーさんが訪れる人気のスポット。名古屋市内でちょっとしたトレランの練習ができるということで、トレイルランナーにも人気です。

そんな、東山一万歩コース。慣れれば間違えることはありませんが、はじめてですといくつか迷うポイントも。私ごとですが、数年前にはじめて走ったときはハデに迷いまして…

そのときの経験を踏まえて、サルでもわかるレベルで東山一万歩コースを徹底解説いたします。

目次

サルでもわかる「東山一万歩コース」徹底解説

装備品について

全部を持っていく必要はありません。その日の天気やコンディションで調整してくださいね。手ぶらでも大丈夫ですが自己責任で。ちなみに、近くにロッカー・コンビニ・スーパー・飲食店があります。

  • おやつ
  • 財布
  • スマホ
  • ポケットティッシュ
  • 絆創膏
  • テーピング
  • ポイズンリムーバー
  • タオル
  • 着替え
  • バックパック

ウェアーについて

季節にあった走りやすい格好であればOK。ランニングシューズでも大丈夫ですが、不整地も走るのでトレラン用のシューズのほうが安心です。

ランニングの服装に迷ったら詳しく解説した記事がありますので、そちらもご参照ください。

コースについて

出典:名古屋市:「なごやかウォーク千種-東山一万歩コースー」開催報告(千種区)

階段がいくつかあるので、そこさえ頑張ればOK。不整地は石や砂利が多めの道もあるので、転ばないようにしましょう。

写真で解説

市営地下鉄東山線に乗って向かうことを想定して解説します。車で向かう人は、東山動植物園を目指してくださいね。

市営地下鉄東山線「東山公園駅」3番出口から地上に出ます。構内にコインロッカーもあります。

地上に出たら、東山動植物園を目指します。歩いて、2〜3分の距離。

東山動植物園を目の前にした交差点。横断歩道を渡って写真左手に進みます

通路脇に、東山一万歩コースの地図があります。ここからがスタートです。そのまま道なりに進み、右折します

東山動植物園に沿って、T字路に突き当たるまで舗装路を走ります。1本道なので迷うことはありません。

T字路に到着。東山一万歩コースの案内にしたがって横断歩道を渡ります。案内は各所にあります。迷ったとしてもすぐコースに復帰できるので、安心です。

さらに横断歩道を渡り、写真左手に進みます。いよいよ、トレイルに入っていきますよ。

案内にしたがって右手に進むとトレイルです。石や砂利が多めの不整地を走ります。

しばらく走ると、下りの階段があります。下ったら舗装路には出ず、トレイルを走ってくださいね

石や砂利が多めの不整地と階段を走った先に、広場があります。写真右手奥に進みます

広場を抜けた先にある案内。終点まであと5,000メートル。気にせず道なりに走りましょう

道なりに進むと舗装路と案内がみえてきます。舗装路ではなく、手前右に下るコースを進んでください

しばらく進むと、左手に階段がみえます。登って、舗装路に出ましょう

階段を登ったら、案内にしたがって右手に進みます

舗装路を道なりに進むと、左手に広場があります。その先に、案内もあります

案内にしたがい、左手に進みます。階段を登って、しばらくトレイルを走ります。

トレイルを進んだ先に、舗装路と案内があります。案内にしたがって左手へ

トレイルと舗装路が二股になっています。東山の眺望が楽しめるので、左側のトレイルを進みましょう

森の中のトレイル。気持ちいいですよねぇ。ここを抜けた先に、ビューポイントがあります

ビューポイントからの眺望。この日は、手前に足場が組まれていましたが抜け感がいいです。

眺望を楽しんだら、きた道をそのまま進みます。ロードと案内(背面)があります。左手に進みましょう

案内にしたがって進みます。トレイルらしいトレイルで、テンションがあがりますね!

進んだ先に、大きな駐車場がみえてきます。気にせず、案内にしたがって階段を登りましょう

階段を登りしばらく進むと、ベンチがあるビューポイントに到達します。道なりにまっすぐ進むと階段がありますが、写真手前右側の茂みから下っていきましょう。理由は、おもしろいから(笑)

下りはこんな感じ。左手奥に向かって下りましょう

階段に合流します。このままトレイルを抜けて、舗装路へ

写真右手が、大きな駐車場。横断歩道を渡って左手に進みます。ここは、あとでまた通ります。覚えておきましょう。

この先にあるT字路を目指して、道なりにまっすぐ進みます

T字路に到着。およそ半分が終了。赤い案内にしたがい、横断歩道を渡って進みます

横断歩道を渡って道なりに進むと、急な上り坂があります。喜んで登りましょう。

坂の上に橋があります。渡って反対側に進みましょう

橋を渡ったところ。これからしばらくトレイルが続きます。案内にしたがって進みましょう

人ひとりが通れるくらい細いコースもあります。すれ違う場合は、歩行者優先で譲り合いましょう

案内を発見。終点まであと3,000メートル。残り半分くらいですね。案内にしたがって進みましょう

途中、左手に階段がありますが無視で。案内にしたがいまっすぐ進みましょう。この先、小さな階段があります。下って右手に進みましょう

右に進んだところ。スグに小さな階段があり、トレイルが続きます。道なりに進みましょう

しばらく進むと、少し広い場所に出ます。案内と掲示板のようなものも。案内にしたがって左手に進みます

進んだ先に案内があります。東山一万歩コースの中で一番キツい階段があります

踏ん張りどころ。ここを登っていくのもいいですが、右脇の坂からも登れます。階段で脚を使いたくない人は、坂をオススメします。

階段(もしくは坂)を登ると、二股に別れます。ここはどちらでもOK。右を進んでも、スグに左と合流します

二股を右に進むと、このように合流します。T字路を右に進みましょう

しばらくトレイルを道なりに進むと、防火水槽がみえます。横目にそのまま進みましょう

【注意ポイント】しばらく進むと左手に、車止めのポールが立っている場所があります。トレイルは道なりにまっすぐ続きますが、左に下る案内があります。見落とすことなくしたがってください。

案内の近くから、下りを眺めたところ。わかりにくいですが、写真の真ん中よりやや左側に階段があります

この階段を下ればトレイルは終了。あとは、ロードを残すばかりです

トレイルを抜けてロードへ。歩道を右に進みます

橋を渡ったりゆるいアップダウンを走ったりしながらおよそ1km。道なりに進みます。

しばらく走ると「曙橋(あけぼのはし)」に到達します。曙橋を渡ったら、スグ右手に階段があります

曙橋を渡ったスグ右手にある階段の下り口。案内もありますが、間違えずに階段を下りましょう

【注意ポイント】階段を下りたところ。写真の上にみえるのは、先ほど渡った曙橋。この下をくぐります。つまり、階段を下りて道路を正面にみた、右手に進みます

曙橋の下をくぐり、少し進むと見慣れた場所に。先にみえている横断歩道を渡って、左手に進みます

しばらく道なりに進みます。ここも少し前に通ってますが、覚えてますか?

行きは、左手にある横断歩道を渡りました。帰りは、写真正面にある横断歩道を渡り右手に進みます

横断歩道を渡って右手に少し進んだところ。駅まで1,100メートルなのでゴールまではおよそ1,000メートル

左手にみえるフェンスの向こうは、東山動植物園。外周に沿って走り、スタート地点に戻ります

トレイルに入る直前のT字路に戻ってきました。カーブに沿って左手に進みます

ゴールまで、あと500メートル。最後まで気を抜かずにいきましょう

ゴール。お疲れ様でした。およそ6kmのコースでしたが、楽しめたのではないでしょうか

まとめ

名古屋市内で気軽にトレラン気分が味わえる、東山一万歩コース。私がはじめて走ったときに、実際に迷ったポイントを踏まえて徹底解説しました。

基本的に案内はありますので、分岐で迷ったときの参考にしてもらえれば嬉しいです。ハイカーさんをはじめ、人も多めなコースです。わからないときは聞いてみるのもアリです。ぜひ、楽しんでくださいね!

さらに、欲張りさんには東山公園からアクセスできるもう1つの一万歩コース「平和公園一万歩コース」もオススメですよ! セットで走れば満足度120%マチガイなし! ですよ(笑)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラン歴は10年ほど。ダイエットを機にのめり込み、すっかり沼にハマってます。2019年元日より1日も休まず走り、777日が経過。記念に「旅とラン」をはじめました。同年9月26日、1,000日に到達。最近は、トレランのレースに出ることが多く、変態の高みを目指しています。

目次
閉じる