【男女共通】ランニング初心者が揃えるべき服装(季節・天候・時間帯別)

自粛期間中、家で食べてばっかりだったからコロナ太りがヤバくて…

旅行にも行けないから、ランニングでも始めてみようかな…

ランニングを始めるきっかけは人それぞれ。ダイエットや健康目的、新しいことにチャレンジしたいとさまざま。

クローゼットに眠っていたジャージやスウェットを着て、普段履きのスニーカーで走ってみる。それでも走れはしますが、走りにくかったりケガのリスクがあったりでオススメはできません。

どうせだったら、機能性、素材やフィット感、デザイン性を考慮した走りやすい服装で走ってみませんか?

そこで、ランニング初心者が揃えるべき服装についてご紹介いたします。男女共通で使えるものをピックアップしましたので、ぜひ参考になさってください。

目次

【男女共通】ランニング初心者が揃えるべき服装(基本編)

ランニングキャップ

ランニングキャップは、メッシュ素材のものがオススメ。通気性がよく、汗をかいても頭部のムレを軽減してくれます。

メリットは、紫外線・日焼け対策、汗が目に入るのを防ぐなどあります。特に夏場は、熱中症対策に必須アイテムです。

コーディネートのワンポイントにもなるので、ぜひ取り入れてください。

ランニング用マスク・バフ(BUFF)

コロナ禍のランニングには、マスクも必須のアイテム。ですが、飛沫防止に効果がある不織布マスクをして走るのは息苦しさが伴い危険です。

そこでオススメしたいのが、ランニング用マスク。「ミズノ」や「アシックス」などスポーツメーカー各社がこぞって発売に乗り出しています。医療用のものと区別するため「フェイスカバー」とも呼ばれます。

特徴は、吸湿性・速乾性に優れ汗をかいてもベタつかない素材が使われています。デザイン性もあり、洗って使えるのも魅力。

他には、京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授の発言で話題になりました「バフ(BUFF)」。本来は、頭や首に巻いて使う多機能チューブ(筒状の布アイテム)ですが、口元を覆うことで飛沫防止にもなります。

デザイン性も高いので、1枚あるとコーディネートも楽しめてオススメですよ。

機能性Tシャツ

ランニングは大量に汗をかくスポーツです。コットンのTシャツで走ってもいいのですが、汗を吸ってベタベタ状態がいつまでも続きストレスになります。身体が冷える原因にも。

吸収速乾効果の高い機能性Tシャツを着ることで、汗を素早く吸いとり放出してくれるので快適にランニングできます。オシャレなものも多くあるので、コーディネートを楽しむことも◎

スポーツインナー

寒い季節に活躍しますが、体にフィットして締め付け効果があるアンダーシャツです。筋肉の無駄な揺れを抑えて、疲労を軽減する効果があります。

他にも、汗を素早く吸収して放出する吸汗速乾性や保湿性が優れています。スポーツインナーの上にTシャツを着て、さらにウィンドブレーカーをはおるだけでも充分、走れます。

あと、女性に限ったことですがスポーツブラは着用したほうがよいです。サイズの大小に関わらずバストは揺れるので、胸の筋繊維に負担がかかります。垂れる原因にもなりかねないので、ぜひとも。

スポーツインナーのオススメは、ワコールの「CW-X」。

ウィンドブレーカー

防寒・防風対策にあると便利なのがウィンドブレーカー。防水性・浸透性に優れているものもあるので、雨対策にも使えます。1枚あるといろいろな場面で活躍できます。

薄手のものであれば、折り畳むとパンツのポケットに収まるくらいコンパクトになるので携帯に便利。走って暑くなったらサッと脱いで、寒くなってきたらパッと出して羽織る。そんな使いかたができます。

スポーツメーカー・アウトドアメーカー各社からデザインや機能にこだわったものがさまざま発売されています。お気に入りの1枚をみつけてみてはいかがでしょうか。

ショートパンツ・ハーフパンツ

走りやすさを重視するなら、ショートパンツやハーフパンツを履くことをオススメします。女性はショートパンツを、男性はハーフパンツを選ぶ人が多いです。

足の露出が増えることに抵抗がある人や日焼けを嫌う人は、下にランニングタイツやレギンスを合わせるといいでしょう。

ランニングタイツ・レギンス

ランニングタイツやレギンスの魅力は、なんといっても機能面にあります。膝の負担を軽くしたり締め付け効果で疲労を軽減したりとさまざま。結果、ケガのリスクを抑えることにもなります。

ランニングを始めようと思っている人は上級者に比べて筋肉が不足がち。それをサポートしてくれるので、初心者こそ積極的に履くべきアイテムです。

ショートパンツやハーフパンツに合わせて履く人もいますが、そのままで走っても大丈夫です。寒い時期でしたら、寒さ対策にもなります。

ランニングタイツ・レギンスもインナー同様、ワコールの「CW-X」がオススメ。

五本指ソックス

走っていると、血豆や水膨れ、指先が痛くなるなどトラブルが起きることがあります。原因は、汗で蒸れた状態で指と指が擦れるから。そのまま走り続けると、痛みはどんどん酷くなり苦しくなってきます。

そんなリスクを減らすためにも、5本指ソックスはオススメです。足の指が1本ずつ包まれるため、隣の指と直接触れなくなります。汗で濡れたままになることもないのでリスクは軽減されます。

足裏の部分に滑り止めが付いたものだと、靴の中で足が動くのを防止できます。それにより、地面をしっかり蹴って次の1歩が踏み出せるようになるので走りやすくなります。

ランニングをする上で、足元は重要です。次に紹介するシューズもそうですが、ソックスもランニング用のものを購入しましょう。オススメは「Tabio」。

ランニングシューズ

普段、履いているスニーカー(例えば、アディダスの「スタンスミス」やコンバースの「オールスター」など)で走るのはやめましょう。走るために作られていないので、思わぬトラブルを起こす可能性が大きいです。

そして、ランニングシューズを購入する場合はお店で試し履きしてからにしましょう。さらにいえば、スタッフさんに相談して足のサイズを測ってもらってから購入するのがベスト!

ランニングシューズは、レベルごとにラインナップが展開されています。それを知らずに、デザインや軽さを理由に購入すると痛みや筋肉痛で走れないなんてことにも。

それと、ランニングシューズはジャストサイズで履くのが基本。足の長さもですが足幅も考慮して1足を選ぶことが大切です。それを知るためにも、はじめはお店で店員さんに相談することをオススメします。

ランニングシューズを選ぶポイントをまとめた記事がありますので、そちらも参考になさってくださいね。

【男女共通】ランニング初心者が揃えるべき服装(季節別)

春〜夏に揃えたいランニングウェアー

タンクトップ・ノースリーブシャツ

機能性Tシャツを着ていても暑い場合は、タンクトップやノースリーブシャツがオススメ。通気性がよくて熱を外に放出してくれます。

少しサイズにゆとりあるもので脇の開きが大きいものをチョイスすれば、風抜けが良くなるのでさらに快適に走れます。

アームカバー

アームカバーは、二の腕から手首までをすっぽり包んでくれる筒状のアイテム。夏場に装着するのは暑苦しそう… そう思われるかもしれませんが、サラッとした素材感が涼しくて心地よいです。

紫外線対策に効果があるのはもちろんですが、締め付け効果で血行が良くなり疲労軽減にも役立ちます。

秋〜冬に揃えたいランニングウェアー

ニット帽

特に寒い冬場は、ランニングキャップではなくニット帽をかぶって走るのがオススメ。魅力はなんといっても温かい。これに尽きます。

普段かぶっているものでもいいですが、スポーツメーカー・アウトドアメーカー各社から機能性に優れたものが発売されています。体から発生する水分を吸収して発熱する、吸湿発熱素材が使用されているものが◎

ネックウォーマー

寒い日のランニングは、家から外に出るだけでもツライもの。いくら着込んだとしても、モチベーションが上がらないのは特別なことではありません。そこでオススメしたいのがネックウォーマー。

首には太い血管が通っているため、寒さや暑さを敏感に感じます。ネックウォーマーで寒さ対策をすることで、体感温度はグッと上がります。

中には防寒性や保温性といった機能にこだわったネックウォーマーもあり、さらに高い効果が望めます。暑くなったらスッと外せる手軽さも魅力です。

厚手のアウター

雪の降るような寒い日に走る場合は、薄手のウィンドブレーカーだと心が折れてしまいそう… そんなときは、厚手のアウターをチョイスするのも選択肢の1つです。

生地感がしっかりしているものやフリース素材でできたもの、ダウンなど種類も豊富。選ぶ楽しさがあります。

ですが、途中で脱ぐと荷物になるのはデメリット。走っていれば身体は温かくなってくるので、そこも考慮して着る・着ないの判断はしたいところです。

長袖Tシャツ

スポーツインナーに長袖Tシャツを重ね着するだけでも、かなり寒さ対策にはなります。本格的な冬になれば、ウィンドブレーカーをプラスすることでストレスなく走ることができます。

手袋

しっかり着込んで首回りを温めたとしても、指先が冷えるとかなりツライです。身体の末端にあたる手が冷えると全身で寒さを感じるもの。そのため、手袋は必ずといっていいほど身につけたいアイテムです。

薄手でも、優れた保温性で手を温めてくれるものもあります。また、手袋をしたままスマホを操作できるものも。機能面も考慮して選びましょう。

【男女共通】ランニング初心者が揃えるべき服装(天候別)

晴れ・曇った日のランニングウェアー

晴れた日や曇った日のランニングウェアーは、基本の服装をベースに季節に合わせて足したり引いたりすればOKです。

雨の日のランニングウェアー

撥水効果のあるアウター

雨対策として、撥水効果があるウィンドブレーカーなどをはおることをオススメします。暑い時期であっても、長いこと雨にあたれば身体は冷えます。風邪をひく原因にもなりかねないのでしっかり対策しましょう。

ポンチョ

頭からすっぽり被るだけで雨対策ができるポンチョもオススメです。魅力は走っている途中であっても着脱がしやすいこと。コンパクトに丸めれば、パンツのポケットに収納できて持ち運びが楽です。

【男女共通】ランニング初心者が揃えるべき服装(時間帯別)

昼間のランニングウェアー

昼間のランニングウェアーは、晴れた日および曇った日と同様に基本の服装+季節感を組み合わせればOKです。

早朝・夜間のランニングウェアー

ヘッドライト

早朝や夜間といった暗い時間帯や、外灯が少ない道を走る場合はヘッドライトがオススメ。進行方向の先や足元を照らすことができるので、転んだりぶつけたりといったトラブル対策になります。

また、すれ違う車や自転車、ランナーや歩行者にも自分の存在をアピールできるので、接触リスクを減らすことができます。オススメは「レッドレンザー(Ledlenser)」。

リフレクター(反射材)が付いたアウター

リフレクターが付いたアウターは、車やバイク、自転車のライトの光を反射して自分の存在をアピールできるので、事故を未然に防ぐことができます。

中には、パンツやシューズにもリフレクターが付いたものやリフレクターそのものがたすきになっているものも。安全対策として積極的に取り入れましょう。

光るアームバンド

安全対策として、光るアームバンドもオススメ。暗い時間帯や場所を走るランナーにはマストといってもいいアイテムです。

LEDライトが内臓されているバンドを腕もしくは足首あたりに装着して走ると、動きに合わせて光ります。ただ反射するだけではないので、自分の存在を強くアピールできます。

ランニングウェアが購入できるお店

ランニングウェアについて基本〜シーンごとに紹介してきましたが、どこで購入できるのか気になった人もいるのではないでしょうか。

ランニングに特化したものであれば、ランニング専門店や大手スポーツ量販店で揃います。特にランニングシューズは、店員さんに相談して購入することをオススメします。

ウェアー全般ですが、スポーツができる動きやすいものであればランニングに特化していなてくもいいです。価格やデザイン重視で「ユニクロ(UNIQLO)」や「ワークマン(WORKMAN)」でも問題ないです。

ただし、いきなりネットで購入するのはオススメできません。サイズ感、機能面、肌触りなども確かめた上で、はじめは購入しましょう。

あると便利なランニングアイテム

日焼け止め

女性に限らず、男性にもオススメしたいのが日焼け止めです。いくら外で行うスポーツだからといって対策をしないとシミやシワの原因にもなります。

汗で流れにくいスポーツ用の日焼け止めもあります。日中、走る場合はしっかり対策をしましょう。オススメは「アスリートエックス」。

スポーツサングラス

日差しから目を保護するためにも、サングラスはあると便利です。中でもLA発のサングラスブランド「goodr(グダー)」がオススメです。

スポーツサングラスと聞くと、中にはいかにもなデザインを想像する人もいるかもしれません。ですが「goodr(グダー)」は普段使いができるオーソドックスなデザインで着ける人を選びません。

ラインナップも豊富でしかも手頃な価格が魅力◎ 2つ3つと欲しくなる、そんなサングラスです。

ランニングポーチ

ランニングをはじめたばかりの頃は家の近所を数キロ走るだけで精一杯ですが、慣れてくると遠くまで走れるようになります。そうなると、スマホ以外に食べものや飲みものを携帯することもあります。

そこでオススメしたいのがランニングポーチ。パンツに入りきらないちょとした荷物を入れるのにちょうどいいアイテムです。イメージとしては走っても揺れたりしないウェストポーチです。

500mlのペットボトルを携帯できる「YURENIKUI」、伸縮する素材の中にスマホ、カギ、ドリンク、貴重品などをしまっておける「FlipBelt(フリップベルト)」がオススメ。

イヤホン

黙々と無心で走るのもいいですが、音楽やオーディオブックを聴きながら走るのもオススメです。いい意味で気が紛れるので、気が付いたらゴールしていたなんてことも。

そこでオススメしたいのがイヤホン。中でも、ワイヤレスタイプが主流です。走っても落ちることのない構造で周りの音も聞こえる安全に配慮したものもあるので、安心して装着できます。

スポーツウォッチ

スポーツウォッチをする魅力は、さまざまなデータが計測できること。時間、スピード、距離、心拍数、獲得標高など。走ったコースも一緒に記録してSNSにシェアできるので、モチベーションアップに繋がります。

ですが、お気に入りのスポーツウォッチを身につけて走ることこそが1番の魅力だともいえます。

有名どころでは「GARMIN(ガーミン)」。オシャレにもこだわりたい人は「SUUNTO(スント)」をオススメいたします。

スマホ

スマホはランニングをするにも必須のアイテム。音楽を聴く、地図をみる、写真を撮る、財布代わりになるのはもちろんですが、アプリを使ってログを取ることもできます。

取ったログをSNSにアップすればコメントやいいねがもらえるので、走るモチベーションになります。また、SNSで友人・知人のログをみることで刺激にもなります。オススメは…

といったアプリがあります。1つは入れておくといいでしょう。

まとめ

ランニング初心者が揃える服装について、基本からシーンごとにいくつか紹介しました。すべて揃えるのは大変かもしれませんが、絶対に購入しておきたいのはランニングシューズです。

はじめは足の測定をしてもらって店員さんからアドバイスをもらうのがベスト。他のアイテムは、予算に合わせて買い揃えていけばいいでしょう。

ランニングは継続すれば結果が出やすいスポーツです。走るきっかけはさまざまあると思いますが、チャレンジしてどんどん魅力にハマってもらえると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラン歴は10年ほど。ダイエットを機にのめり込み、すっかり沼にハマってます。2019年元日より1日も休まず走り、777日が経過。記念に「旅とラン」をはじめました。同年9月26日、1,000日に到達。最近は、トレランのレースに出ることが多く、変態の高みを目指しています。

目次
閉じる