ランニングは、朝走る「朝ラン」と夜走る「夜ラン」どっちがいい?

朝ランと夜ランって、どっちがいいんだろう?

早起きは苦手、帰りも遅いし迷っちゃう…

結論からいえば「どっちでもいい」です。大事なのは、ランニングが継続できるかどうか。生活リズムは人それぞれバラバラですからね。やりやすいほうを選べばいいです。

どちらかにしなければいけない。なんて思わず、スケジュールに合わせて朝ラン・夜ランを楽しみましょう。

ただし、朝ランも夜ランもそれぞれメリットもあればデメリットもあります。ダイエットしたい! 練習強度を上げたい! など目的があれば、ベストな時間帯をチョイスしたいですよね。

そこで、朝ランと夜ランのメリット・デメリットについて。それと、ランニングを習慣化するために必要なことについてもご紹介いたします。

目次

ランニングは、朝走る「朝ラン」と夜走る「夜ラン」どっちがいい?

朝ランのメリット

朝ランのメリットは、ダイエット効果が高いこと。起床したばかりの身体はエネルギーが不足がち。この状態で走ると糖質よりも脂質をエネルギーとして消費しやすいので、脂肪燃焼効果に期待できます。

また、ランニング後もしばらくは脂肪燃焼が続くため1日のエネルギー代謝量を底上げしてくれます。

朝から身体を動かすことで、頭がスッキリして1日を気持ちよくスタートできるのも魅力。仕事にも左右されない時間。頭の中を整理するなど1日のベース作りにはピッタリです。

朝ランのデメリット

朝ランのデメリットは、追い込むような激しい練習ができないこと。起きて間もない身体は、筋肉や関節が硬い状態です。稼働範囲が狭いため、無理をするとケガのリスクが高くなります。

ストレッチをするなどして、身体を温めてから走るようにしましょう。合わせて、バナナやスムージーなどで軽めの栄養補給を。しっかり水分補給するのも忘れずに。コンディションを整えましょう。

そもそも、朝が苦手な人にとって朝ランはハードルが高いです。どうしても朝早く起きれない。であれば、朝ランはあきらめるのも賢い選択です。

朝ランを頑張りすぎて、日中に気だるさや眠気を招くことがあります。1日を気持ちよくスタートさせるつもりがパフォーマンス低下になってしまう。それは残念ですよね。軽めのメニューで走りましょう。

夜ランのメリット

夜ランのメリットは、本格的なトレーニングや記録の更新を目的にした強度の高い練習ができること。身体が温まった状態なので、筋肉や関節の稼働範囲も広く高いパフォーマンスが発揮できます。

時間に余裕があるため、長い時間・長い距離を走ることもできます。そして、しっかり汗をかいた後はビールやハイボールで喉をうるおす。最高の瞬間です。

日焼けを気にする人にとって、紫外線の影響が少ないのも◎ それと、ほどよい疲れが残りぐっすり眠れるのも魅力です。できれば、就寝の3時間前くらいには走り終えましょう。

夜ランのデメリット

夜ランのデメリットは、足もとがみえにくいこと。暗い夜道は、つまずいてケガをするリスクがあります。足場の悪い場所は避けて、慣れたコースを走りましょう。ヘッドライトをつけるのもオススメ。

周りから、あなたの存在がみえていない可能性もあります。ウェアやシューズは視認性の高いものを。リフレクターが付いてると周りにアピールできますよ。腕に巻くタイプのLEDライトもあります。

特に、女性1人だけの夜ランは注意が必要です。積極的に明るい場所を走る。誰かと一緒に走るなどしましょう。たとえ明るい場所でも人通りの少ない場所は、コースから外すほうがいいです。

ランニングを習慣化するために必要なこと

朝ランと夜ラン。それぞれにメリット・デメリットがあることがわかりました。じゃあ、どっちがやりやすいだろう… なんて思うと長続きしませんよ。

冒頭でも少し触れましたが、ランニングは続けることが大切。スケジュールに合わせて朝ラン・夜ランを楽しめばいいのです。そのためにも、週に3日は走りましょう。

習慣化するためには、ハードルを下げておくことが大切。でも、最低限のルールがないと目的を見失ってしまいます。当ブログでも、ランニングを習慣化する8つのコツを紹介したことがあります。内容的には…

  1. 目的を明確にしておく
  2. シューズは専用のものを。ウェアーは動きやすければOK
  3. 何も決めない。1歩、外に出るだけ
  4. ゆっくり走る。歩いてもいい
  5. 週に3日は走ろう
  6. 身体に痛みや違和感があれば、走らない
  7. SNSに投稿する
  8. 友人・知人と一緒に走る

と、こんな感じ。詳しく書いてありますので、興味がありましたら合わせて読んでくださいね。

まとめ

朝ラン・夜ランそれぞれにメリット・デメリットがあります。スケジュールに合わせやすかったり好き嫌いもあったりするでしょう。

まずは週に3日。とりあえずやってみて、どちらが自分に合っているのか確かめてみましょう。もちろんどちらかに決める必要なんてありません。気分に合わせて朝ラン・夜ランを楽しめばOK。

私は、朝ランの魅力は十分知っていて気持ちは朝ラン派。ですが、朝が苦手で夜ラン中心になってます。それでも継続はできているので、まぁいいかと開き直りました。自分のスタイルで走りましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラン歴は10年ほど。ダイエットを機にのめり込み、すっかり沼にハマってます。2019年元日より1日も休まず走り、777日が経過。記念に「旅とラン」をはじめました。同年9月26日、1,000日に到達。最近は、トレランのレースに出ることが多く、変態の高みを目指しています。

目次
閉じる