【DIY】レインウェアの撥水力が復活! 簡単に撥水加工がデキるおすすめの撥水剤

レインウェア高かったのに、もう撥水しなくなったよ…

お気に入りのシェルジャケットに撥水加工したいなぁ…

雨の日のランニング(シャワーラン)に欠かせないのが、レインウェアやシェルジャケット。濡れたくない人にとってはマストアイテムといってもいいでしょう。

でも、撥水力に優れたアイテムだとしても経年劣化はします。ゴアテックスを採用した高額のレインウェアだって、使い続ければ撥水力は弱くなります。

そこで、撥水力を復活させようと思いつくのが防水スプレー。シュッと吹きかければ一時的に撥水するようになりますが、長くは続かないようです。

私も、買ったばかりのレインウェア(撥水力が貧弱すぎた…)と着古したシェルジャケットに防水スプレーを試してみようと思いましたが、そんな理由でポチるのをやめました。

他にいいものないかなぁ… 探した結果、たどり着いたのが「ReviveX(リバイベックス)」。家で簡単に撥水加工ができると評判の撥水剤。実際に試したところ、驚きの結果でした

目次

レインウェアの撥水力が弱くなる理由

一般的に、撥水効果のあるレインウェアには「DWR(Durable Water Repellent)」と呼ばれる加工がされているようです。

しかし、その効果は永続しません。汚れの付着洗濯を繰り返すと、撥水力はどんどん弱くなります。ちなみに、撥水力が落ちたとしても、レインウェアの防水性がなくなったわけではありません。

レインウェアを使用し続ければ、生地表面の撥水力が落ちるのは仕方のないこと。撥水効果が弱くなったら、回復してあげればいいのです。そのためにあるのが撥水剤です。

オススメの撥水剤「RiviveX(リバイベックス)」について

防水スプレーは効果が長続きしないようで、辿り着いたのが撥水剤というもの。その中でも特に気になったのが「RiviveX(リバイベックス)」です。

リバイベックスが気になった理由は、

  • ゴアテックスのメーカー「WLゴア&アソシエイツ社が開発した
  • 人気のアウトドアメーカー「モンベルが、自社ウエアのメンテナンス用に推薦している
  • フッ素を含まない、健康と環境に配慮した成分である
  • 家で簡単にできて、撥水効果が復活する
  • 濃縮タイプのため、ジャケット約8着分に撥水加工できてコスパがいい
  • 撥水加工したあと乾燥機で熱処理するため、撥水成分が生地に浸透して効果が持続する

とのこと。試してみるかと思いポチりました。

実際、レインウェア1着とシェルジャケット2着に撥水加工してみましたが、かなり良さそう! ということで、おすすめいたします。

家でレインウェアに撥水加工してみた

家でレインウェアとシェルジャケットに撥水加工してみましたので紹介いたします。ちなみに、メーカー推奨のやり方は…

手洗いの場合
  • 使用前に衣類を別売りのプロクリーナーで洗浄する
  • 容器に衣類が浸かる程度のぬるま湯を入れ、撥水剤30㎖(キャップ約2杯)入れてかき混ぜる
  • 衣類をやさしくもみ洗いして、10分程浸け置く
  • すすぎはしないで、脱水機で脱水する
  • 衣類についている表示に従い乾燥。なければ、ドラム式乾燥機で1時間以上(中温)乾燥
洗濯機の場合
  • 使用前に衣類を別売りのプロクリーナーで洗浄する
  • 洗濯機に衣類が浸かる程度の水を溜め、撥水剤30㎖(キャップ約2杯)入れる
  • 衣類を入れて10分間洗濯する
  • すすぎ前に洗濯機を止め、脱水機で脱水する
  • 衣類についている表示に従い乾燥。なければ、ドラム式乾燥機で1時間以上(中温)乾燥

と、なっています。いずれも使用前に別売りのプロクリーナーで洗浄となってますが、それは無視しました。家庭用洗剤で洗濯したものを撥水加工していきます。

今回、レインウェア1着とシェルジャケット2着を同時に撥水加工しました。この中で一番ちがいが大きかった、このシェルジャケットで解説いたします。

ちなみに、中古で購入してさらに使い込んでいます。ロゴの一部(「FACE」の「E」部分)が欠けてしまっているくらいくたびれています。

今の撥水性を確認するため、浴室に寝かして2秒ほどシャワーをかけてみます。すると…

一瞬でずぶ濡れです。撥水性はゼロといってもいいでしょう。これがどうなったかは、あとのお楽しみに。それでは、手洗いでやっていきます。

小さめの容器に3着、押し込みました。真ん中が対象のシェルジャケットです。

おもむろにお湯を入れます。温度は、だいたい30℃くらいでしょうか。お湯の量は、衣類が浸かる程度。

撥水加工をする前にゴム手袋をはめます。このあと素手で揉み洗いすると、手も撥水加工されてしまうようです。

リバイベックスの三角キャップを開けて、そこに撥水剤を入れます。メーカー推奨ではキャップ2杯分ですが、3着同時に撥水加工するので3杯分入れてみました。

キャップ3杯分の撥水剤を入れたところ。まんべんなく浸透するよう揉み洗いします。

メーカー推奨では、揉み洗いして10分程度浸け置くとなっています。今回は容器が小さく浸からない部分があったので、全体が浸かるよう動かしながら30分近く揉み洗いしました。

揉み洗いしたら、水気をきって脱水します。このタイミングで、すすぎは絶対にしません

脱水が終わったら、乾燥。大型のドラム型乾燥機がいいとのことで近くのコインランドリーへ。メーカー推奨では中温で1時間以上となってますが、低温で56分にしました。

およそ1時間、乾燥した直後に着てみました。なんとなくの印象ですが、生地の肌触りが柔らかくなった感じがします。

コインランドリーを出た直後、小雨がパラパラ降っていました。雨が水滴のまま付着しています。これは期待ができる!

帰宅して再び浴室へ。撥水加工をする前と同じく、2秒ほどシャワーをかけてみます。すると…

なんということでしょう! 見てください、この撥水力。嘘みたいにシャワーの水を弾いています。これだけ、おもしろいくらいに撥水するとは思ってもいませんでした。

水を払って全体を確認してみると、裏側に水が染み込んだ跡がありました。これは、濡れた浴室にシェルジャケットを寝かしたためシャワーの水圧で染み込んだように思います。もしくは撥水ムラがあったのかも。

いずれにしても、期待以上の効果が得られました

感想

撥水加工したことで、撥水効果は復活したように思います。ただし、耐水圧に変化はないので土砂降りの中で走り続ければ、じわじわ雨が染み込んでくることはあるかもしれません

まだ試していないので、実際に雨の日に走って分かったことがあれば追記していきます。

まとめ

レインウェアやシェルジャケットの撥水力が落ちたからといって、捨てたり売ったりする前に試してみる価値はあると思います。特に、ゴアテックスを採用した高額なものでしたらなおさらのこと。

中でもリバイベックスは、評判もよくおすすめできる商品です。ジャケット8着分に使えるとなっていますが、薄手のものでしたらそれ以上できてコスパはさらにいいです。

家で簡単に撥水加工して、シャワーランを楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラン歴は10年ほど。ダイエットを機にのめり込み、すっかり沼にハマってます。2019年元日より1日も休まず走り、777日が経過。記念に「旅とラン」をはじめました。同年9月26日、1,000日に到達。最近は、トレランのレースに出ることが多く、変態の高みを目指しています。

目次
閉じる